トップページ » … » 2016年の情報 »

第11回北海道ユニバーサル上映映画祭七飯上映会

事業内容

・上映会
会期: 2016年6月19日(日)
会場:七飯町文化センター(七飯町本町6-1-2)

・上映作品
「あい-精神障害と向き合って-」ドキュメンタリー映画
 (監督 宮崎信恵/ナレーター 緒形直人/2015年/日本/95分)

・日程
開場OPEN/12:40 START/13:00 CLOSE/16:20
13時00分 上映開始。
14時35分 上映終了。
14時50分 トークセッション開始。
登壇(予定):七飯町長、宮崎監督、道教育大学学生地域プロジェクト、
函館運輸支局、大沼観光協会、七飯町社協 ほか
16時20分 終了。

チケット情報

前売/800円 当日/1,000円(高校生以下無料)
七飯町文化センター、松柏堂プレイガイド等で販売

問合せ先(事務局)

0138-55-1855

上映作品紹介(公式サイトより)

 映画の舞台になっている藍工房(就労継続支援事業所・B型)では、多くの精神障
害者たちが、藍染製品や組紐など日本の伝統文化に根差した製品づくりと、全国でも
珍しいフレンチレストランの「業務」に頑張っている。さらに、彼らの日常を豊かに
する絵画や陶芸といった文化的な創造の香りも… 精神障害に対する社会の偏見・差
別は、今日もなお根強いものがあるが、その一因は障害に対する無知、無理解からく
るものと思われる。  この作品は、日々の生活に生き難さを感じている精神障害者
のありのままの日常を通して、彼らの苦しみや長いトンネルを抜けた先にある「希望」
を見出していく姿を知ってもらうことで、彼らが安心して暮らせる社会の実現と、精
神障害に対する人々の理解を深めることを願って製作された。
・公式サイト
http://www.ai-movie.net/#/home/

前に戻る | トップに戻る

コメントは受け付けていません。