トップページ »

教育環境アプローチ

子供が学校に合わせるのではなく、ひとりひとりの「違い」を前提として、全ての子供たちを受け止めることの出来る柔軟な学校教育システムの実現を目指し、分けない教育「インクルーシブ教育」の推進を図ります。

地域で生まれ育ってきた子供たちが、地域の学校で地域の友達と机を並べることは、極めて当たり前のこと。

孤立や排除を生み出すことのない、そんな暖かな街を愛し続けたいと願う気持ちは、子供たちも同じです。

今、子供たちは、地域との繋がりを必要としています。そして、学校には地域の底力が必要です。

学校と言う限られた枠組みの中だけで考えられてきた閉鎖的な教育システムに終止符を打ち、地域力が学校教育を下支えするコミュニティの構築と共に、決して障害を理由に、学ぶ場を分けてしまうことのない、総合的な学校教育システムの実現に寄与することを目的といたします。


トップに戻る

コメントは受け付けていません。